プロジェクトのねらい

このレクチャーによって、クリエイターの実像を知る事により、
より早い段階で明確な将来のビジョンを持つ手助けができるのではないかと考えています。
そのため、早めに自分の夢にむけた行動を起こすことが出来るので、
クリエイターを職業に出来る可能性を上げることができるのではないかと思います。

 

また、クリエイターの周囲の方々も「地元のクリエイターを応援したい」
という素晴らしい考えをお持ちだけれど、何をすればいいのかが分からなかったり、
知識がないままにそれぞれがそれぞれの方法で関わるため、クリエイターが困惑したり、
トラブルになってしまったり、あまり本質的な助けになっていない現状というのも知りました。
なので、クリエイターについて知っていただくと共に、
どのような関わり方がクリエイターに助けになるのかを知って頂く機会になるのではないかと思います。

 

日本では、毎年美術系の学校からたくさんの学生が卒業していくのに、
それを生業に出来る人はとても少ないのが現状です。
その理由の一つは、卒業後のクリエイターとしての生き方を知らないからです。
美術の学生たちが卒業後クリエイターとして生きていくためには、教育機関を出た後の生き方を知る必要があります。

 

しかし、多くの場合、学校で教えてくれるのは技術中心で、
クリエイターとしてどのように生きていけばいいのかは教えてくれません。
ですから、職業としてクリエイターがどのように生きているのかを知るという事は、
夢を実現させるために貴重な情報になると思います。

 

また、日本人の多くは、アートは美術館に見に行くもので、買うものではないと思っています。
しかし、日本のクリエイターが生きていくのが難しいもう一つの理由は、買う人が少ないことなのです。
大勢の人が上野の美術館に行列を作ってまで入ろうとするその入場料を、
若いアーティストの最新のアートの為に使ってもらえたら、どれだけ日本のアートは発展するでしょうか。

 

クリエイターの周囲にいる方たちも、アートなどに興味があって、応援したいと思っているのに、
どのように関わっていけばいいか分からないという場合が少なからずあると思います。

ですので、少しでもクリエイターのこと、アートの世界について知っていただくことで、
お互いが楽しめるアートの関わり方を提案していきたいと考えています。

 

牛毛アートプロジェクトの二人もアーティストとして活動しています

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。