ゲストのご紹介 和佐野有紀さん

7月14日に開催されるクリエイターの生き方後半のゲスト、和佐野有紀さんを紹介します。

和佐野さんは普段は耳鼻科医として仕事をされながら、アートコレクターに目を向ける新しい切り口のギャラリーPROJECT501の運営もなさっています。PROJECT501はアーティストではなくアートコレクターに焦点をあて、コレクションされたアートを展示することで、アートとともに生きる人の目線や人生を体感してもらう「LOVE ART」という企画を実施されています。

ホームページはこちらから

PROJECT501

 

珍しい企画ですが、そういった取り組みには訳があり、PROJECT501ではアート作品を見るだけでなく購入する文化を広げたいという考えのもと、ギャラリーを運営されているという背景があります。

 

アートに対して興味はあるものの、アートを自分で選んで購入することに対しては消極的な日本人。美術館や展覧会などはいつもたくさんの人で溢れているのに、アーティストの作品は売れなていないのが現状です。

アーティストの価値が正しく伝わる仕組みをつくり、海外のように積極的にアート作品を購入しない日本人のアートに対する価値観をより豊かなものにするために、様々な取り組みをされています。

7月14日開催の講演会「クリエイターの生き方」後半は「アートの世界とその支援」をテーマにしており、上記のような日本アート界の現状や、アートの裾の尾を広げるための支援について、ゲストの和佐野さんと共にお話しできればと思っています。

和佐野さんは、慶應義塾大学大学院でもアートコレクターの購買行動について研究されていて、まさに今回のテーマにぴったりということで、お声掛けさせていただきました。

アーティストを志す方はもちろん、アートに関わる仕事がしたい、アートを支援したいとお考えの方にもぜひ聞いていただきたい内容です。

 

講演会後には、ゲストも参加する交流会も企画しております。

詳しくは、以下をご覧ください。

「クリエイターの生き方」後半イベント情報

 

和佐野 有紀さん

耳鼻科医でありながら、PROJECT501のディレクターとしても活動。

慶應義塾大学文学部美学美術史専攻アートマネジメント分野でアートコレクターの消費行動について研究。

投稿を作成しました 13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。