インタビューした方のご紹介 河内晋平さん


‪今回は、株式会社studio仕組代表取締役の河内晋平さん‬をご紹介します。

河内さんが経営している株式会社studio仕組の主な事業内容は、アーティストの支援やプロデュース事業などに携わり、そのアーティストの作品や製品の本来の価値を見つめ直し、適切な形で存続させていくこと。

まさにアーティストやその人の作る作品と人を繋ぐ架け橋の様なお仕事なのではないかと思います。

 

 

株式会社studio仕組のHPはこちらから

 

アート作品やアーティストとの繋がりに特化したお仕事ですが、河内さん自体も高校卒業後は美術予備校を経て東京藝術大学大学院で美術を勉強されています。

工芸漆芸専攻と院でメディア映像化専攻を学んだ後、東京国立博物館研究員を務められ、2008年に任意団体として現在の会社の前身となる活動を開始。

現在は、経営者として会社の運営のほか、都内で4箇所のレンタルスペースや倉庫の運営もされています。

【株式会社studio仕組が運営するシェアアトリエビルに入るギャラリー「HAMON GALLERY」】

 

 HAMON GALLERYのHPはこちらから

 HAMON GALLERYが入るシェアアトリエビル「itadaki BLDG」のHPはこちらから

 

今回、河内さんへのインタビューで、会社についてはもちろんのこと、河内さんから見たアートとその関わり方、今後の夢など・・・とても興味深いお話を聞かせて頂きました。

 

河内さんが現在の仕事に行き着いたきっかけは、3・11。被害にあった方々の美術品の回収や修復に携わったことで、自分にもっとできることがあると思うようになったと言います。

当時の混乱状況も相まって、博物館や大学も個人所有の美術品に対して十分な対応をしてくれず、国宝級の美術品以外は管理できないと突き返されることもしばしば。

国宝級と定められていなくても、個人の方からしたら何よりも思い出深く価値のある美術品もある。

国の対応に違和感を感じ、この事業に乗り出したのが今のお仕事を始めたきっかけだそうです。

 

河内さんの「それぞれの大切な美術品を守りたい」「アー トや工芸を支援したい」という強いお気持ちが少しづつですが広がっていき、今では幅広い活動をされている株式会社studio仕組。

伝統工芸品である刀剣なども取り扱われていることから、大人気ゲームの刀剣乱舞−online−とのコラボレーショングッズも大変好評のようです。

株式会社studio仕組×刀剣乱舞−online−コラボレーショングッズ

 

ギャラリー「HAMON GALLERY」より

 

レクチャー「クリエイターの生き方」
河内さんなどのアート関係のお仕事をされている方、クリエイターなどからその世界での生き方を知ることが出来ます。
是非、自分もアート関係の職業につきたい、クリエイターになりたいという方はご参加ください。

 

株式会社studio仕組代表取締役

河内晋平さん

会社HP:http://www.studio-shikumi.jp/

 

投稿を作成しました 13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。